« アドラーブル | トップページ | 七夕★彡 »

2007年7月 5日 (木)

野良猫 ダァchan

P1000194_1   私が、今のお家に 引っ越して来た日から、ず~っと見守って(監視して)くれていた 野良猫のダァchan。

 出会った時は、既に 成猫でした。   そして、♀です。

だから、相当の年齢だったのでは…。

過去形なんです (p_-)

昨年の11月末以来、会っていないのです (@_@。

12年近く、野良猫なのに 私の飼い猫の様でした。

一度、お家で飼おうか…とも悩みましたが、所詮 野良は野良。

自由が大好き♥

私は、田舎のお家の様に、家の戸という戸を 開け放しています。

警察の方から、注意された事もあるのですが (^^ゞ

ダァchanの為に、特に 夏は開け放していました。

勝手に お家に上がって、ソファで休んで、お家を探索して、何時間も 居る時もありました。

ダァchanの素晴らしいのは、お家で オシッコしないし、  痒い痒い痒い…も しなかったんです!

ですから、好きに させてあげていました。

そぅそぅ!

ダァchanって名前の由来は、濁声だったからです。

初めて 声をかけて、返って来た 「ニャ~」 という声の   何て 濁声だった事か (>_<)

そこから、「ダミ子chan」 と呼ぶようにになり、いつしか ダァchan って呼んでいました。

それで、ちゃんと お返事してくれていましたからねぇ…

私が 外出する際も、しっかり見届け、帰りが遅くても、 ずっと 待っていてくれる 賢い野良猫でした。

まっ、猫は 家に居付くとも 云いますしね (^.^)b  P1000292

感動したのは、私の職業が 一ヶ月近く地方に行ったりするものですから、    ダァchanの事 心配で心配でなりませんでしたが、野良猫だし 逞しく 生きていてくれるだろぅ…と自分を慰め、やっとの思いで 東京に戻って来た時、自宅に近い帰り道で ダァchan 怒っているだろぅなぁ…なんて考え乍ら 早足で歩いていると、何処からともなく、ダァchanが 私の足元に 擦り寄って来てくれたんです (T_T)

その頃… 外は 真冬。

感動も 感動 *。:゚(p´□`q)゚・。+

私の 歩く癖や匂いを、覚えてくれていたんです。

そんな ダァchanが居なくなって、淋しくって堪りません。

愛犬に脅されながらも、居付いてくれた ダァchan。

私が ひっそり泣いている時に、必ず 慰めにやって来てくれました。

濁声で 一声啼いて、じっと 私を見つめてくれました。

どれだけ 救われたか…。

ダァchan♡

今は もぅ居ない。

でも きっと、天国から 私を見守って(監視して)くれている事でしょう。

|

« アドラーブル | トップページ | 七夕★彡 »

コメント

だあちゃんはきっと天国からカンナちゃんを見守ってますよ。「('-'*)アリガト♪」って言ってるよ。

野良ちゃんでも、人間がお友達になるんだね。

家の近所のでっかい猫ちゃんは床屋さんちの子なんだけど、商店街を渡って魚屋さんに通ってます。
夕方魚屋さんが閉めると、床屋さんがドアを開けて「帰っておいで〜」と呼びます。
のしのしと、また商店街を渡って帰って行きます。

お寺の猫は「グニャー」ってな声で鳴く、恐〜い顔の猫で夜会うと、ちょいとドキッとします。

裏の野良ちゃんは杉作を見を観察してます。

カンナちゃんちにも、また他の猫ちゃんが通うかもよヽ(=^゜ω゜)^/ ハニャ〜〜

投稿: marinbo | 2007年7月 6日 (金) 03時58分

marinbo さん!
猫って、犬と又違った習性で、面白いですよね。
私は 犬派だけど、猫が可愛いと思えたのは、
ダァchanの御陰なんです♥
marinboさんちの方も、猫が沢山居ますよね。
お寺がすぐ傍だし、商店街が近くに在るし…
様々な猫が居そう!
うちも 最近では、ダァchanに代わって、ダァchanに
ソックリのダァchanの子供らしい猫と、加藤茶と呼んでいる猫が訪れてくれます(→ิܫ←ิ)
ダァchan程、馴染めていませんが、矢っ張り 御飯を
食べて貰っています(^-^)
又、仲良くなれたらいいなぁ♡

投稿: カンナ | 2007年7月 6日 (金) 12時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193626/15659082

この記事へのトラックバック一覧です: 野良猫 ダァchan:

« アドラーブル | トップページ | 七夕★彡 »