« ポッドキャスト | トップページ | 映画 スウィーニー・トッド »

2008年1月20日 (日)

映画 マリと子犬の物語

新潟県中越地震での実話を 映画化されたものでありますが…。

実話から生まれた命の物語であるだけに、人間と犬との 繋がり&信頼感が、画面を通して満ち溢れていて、私は 止め処なく流れる涙を タオルで拭ってばかりいました。

予備知識無しで観てしまった映画に、Knock Out でした。

ワンコがお家に居る方は、耐えられないでしょうね。

場内の至る所で、鼻をすする音や嗚咽が響き渡っていました。

先日、阪神大震災の被災から13年経ったと 報道されていましたが、未だ未だ 人の心に傷跡は沢山残っていると思います。

そして、2004年10月23日 新潟県中越地震。

つい最近の事です。

実際、こんな事態が 山古志村で展開されていただなんて…。

多分、上映は 今週の金曜日迄です。

未だ 御覧になっていらっしゃらない方、是非 映画館に走って下さい。

マリ役のワンコ&彩ちゃん役の子役さんが、演技を超越していて 心に響きます。

スタッフ&キャスト全員が、真摯に受け止め 精魂込めて作った作品だなぁ…と、強く 感じました。

          ポチッと御願い致します→にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ

|

« ポッドキャスト | トップページ | 映画 スウィーニー・トッド »

コメント

お久しぶりです。(明けましておめでとう御座います?)僕もその映画観たいなあと思ってました。今、忙しくて上映に間に合いそうも有りません。今度お会いした時に是非お聞かせくださいませ、ませ。PS:MY OFFICE観に来て下さいね。未だ片付け途上ですが、、、、、、、。ワイン用意して待ってまーす。

投稿: george君 | 2008年1月21日 (月) 01時25分

予告のCMを見ただけでも、泣いてしまうので
映画館で見たら、頭が痛くなっちゃうな。
フラガール状態。
カンナちゃんは頭痛くなかった?
『クイール』って言う盲導犬の映画も号泣でした。
隣の席の妹と、ティッシュの取り合いをした末に
見かねた隣の見知らぬおじさんがティッシュを1袋、くれました。

投稿: ayatica | 2008年1月21日 (月) 11時18分

お久〜です。

テレビでの映画CMでマリちゃんがヘリコプターを追いかけるシーンを見るだけで、もう「ダメ」
。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。なんです。

胸がいたくなっちゃって....

でも地震は対岸の家事ではないです。
我が家では、犬連れ非難の為に、テントなどアウトドアの生活用品をそろえようと言ってます。
犬は避難所に行けないじゃん。
近くの公園でテント張ろうと思ってます。

投稿: marinbo | 2008年1月21日 (月) 13時10分

george くん!
12月29日の「鮟鱇鍋」は、御馳走様でした(。◠‿◠ฺ。)
コラーゲンたっぷりで、美味しかったよぉ~(*^。^*)
高価なワインを 2本も、贅沢な宵でした☆彡
この映画は、老いも若きも 涙なくしては観られない映画だと思います。
DVDになったら、是非 観てみてね(^.^)b
早く、新しい事務所 兼 キンchanのお部屋を覗きにゆきたいです。
今度の土曜日あたりかな…。

ayatica ちゃん!
「頭痛い」を通り越して 顔が腫れまくって、一緒に行ったおっちゃんに「ぶっさぁ~=3」を連発されましたo(><)o
場内の明かりが付いた途端に叫ばれて、腹が立つやら 余計号泣だったわよ (。・ˇ_ˇ・。)
「クィール」も 泣いたねぇ(ToT)
「マリと子犬の物語」も 「事実は小説より奇なり…」で、展開が どぅしてそぅなっちゃうのぉ?って事ばかり。
実話だけに、哀しく切なく吃驚り…の連続でした。


投稿: カンナ | 2008年1月21日 (月) 13時16分

marinbo さん!
ほんと お久しぶりです。
新年早々 marinboさんのブログにコメントを書いたんですけど、お返事がなくて 淋しいです(@_@。
marinboさんと同じ名前のワンコは、家族のおじいちゃん&彩ちゃんが大好きなんです。
もぅ最初っから 涙腺が決壊でした。
幼い兄妹の絆にも、涙涙涙…でした(p_-)
地震は、本当に怖いです。
私は、天災の中で一番 地震が恐怖です(>_<)

投稿: カンナ | 2008年1月21日 (月) 18時16分

見たいけど・・3匹と暮らしている私には・・・
テレビのCMで流れるだけで、涙してしまうんです。
でも・・みたい・・テレビ放映まで待ちます。色んなこと考えてしまいますよ。

投稿: ロンチー | 2008年1月27日 (日) 16時53分

ロンチー さん!
こんにちは。 初コメント 有難うございます♡
この作品は、矢張り 涙無くしては観られませんでした。
お仕事も御多忙でしょうが、ゆとりのお有りの時に、
是非、DVDかテレビで御覧になって下さいね。

投稿: カンナ | 2008年1月27日 (日) 20時47分

カンナさんこんにちは。ずっとこです。

そういえば阪神震災のとき、犬を山奥の預かり所に預けた人がいて、久しぶりにひき取りにいくというのに付き合って行ったことがあります。

主人が迎えに来てくれた犬がまぶしいぐらいに喜んでたこと、そして多くの犬が主人を待ち続けていたことなど思い出しました。

投稿: ずっとこ | 2008年1月28日 (月) 11時24分

ずっとこ さん!
我がブログへ よぅこそぉ~\(^o^)/
そぅでしたよね… あの時も、震えが止まらないワンコの映像が脳裏に焼き付いています。
でも、お知り合いの方は 御自分のワンコと再会出来て良かったですね(p_-) 充分に想像が出来る光景です♡
貰い泣きしそぅです(@_@。
他のワンコ達は、御主人様と再会出来たのでしょうか…
切ないです。。。

投稿: カンナ | 2008年1月28日 (月) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193626/17767659

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 マリと子犬の物語:

« ポッドキャスト | トップページ | 映画 スウィーニー・トッド »