« 菜種梅雨 | トップページ | アロマ・オイル »

2008年4月13日 (日)

Musical♪ レベッカ

舞台「レベッカ」 公式ページ

元 「芸術座」が在った場所に、昨年末に生まれ変わり、杮落としされた新劇場 「シアタークリエ」に、初めて観に行って参りました。

新しい劇場で綺麗なんですが…噂通りに 狭いwobbly

芸術座の時も 決して広くはなかったけど、今迄以上に ロビーが狭く、舞台袖も 楽屋も狭い様ですgawk

しかも、地下down 何だか 息苦しいsweat01

キャパも、前より 100席程 少なくなったそぅですchair

その分、前後互い違いに 席をずらしてあって、観易い事は 観易いかなflair

4月12日土曜日 17時開演。

ミュージカル「レベッカ」。

ラッキーな事に、トチリ席でしたlovely

アルフレッド・ヒッチコック監督も映画化した同名の映画「レベッカ」 の舞台盤ミュージカルですnotes

この舞台は、先に「エリザベート」「モーツァルト!」「マリー・アントワネット」を手懸けられた ミヒャエル・クンチェ氏&シルヴェスター・リーヴァイ氏の ミュージカル作品で、オーストリアは ウィーン・ミュージカルなのでありますnote

日本初上陸shine

…なので、前以て 学習してゆきましたpencil

先ずは、ウィーン盤のcd をgetして、舞台の様子&楽曲を 耳から入手しましたear

それから、ヒッチコック監督の映画のDVDを借りて来て、レベッカの世界観を把握しましたtv

そして やっと、舞台を観る事が出来ました。

私と対照的に、全く 粗筋を知らない 役者の友人と観に行ったのですが、二人の感想は 面白い!です。

友人は、最初は ヒッチコックの同名作品だとも知らず、恋愛物語なのかしら…と思って観ていたって云うから、大笑いしましたが…happy02

ミステリー&サスペンス色の強い作品。

「惨劇」ではあるけど、決して「悲劇」ではないと 感じました。

若妻は、最後の最後に ハッピーエンドを勝ち取るんですものclover

実はここだけの話、ウィーン盤のcdを聴いた時、ドイツ語とメロディーが 今一 合っていない気がして、主題歌しか印象に残らない楽曲だなぁ…って、感じていたんです。

ところが、日本盤を観てみると、絶対的に 日本語の方がメロディーと合っているんですよぉsign03

動きも 目に飛び込んで来るから、余計 受け入れ易かったんでしょうけどねwink

サスペンスだけに、ヒッチコック監督のモノクロ映画はmovie不気味感があって 流石に面白かったですけど、ミュージカル化された作品も 負けず劣らず楽しめました。

唯 勿体無いのは…劇場が狭いだけに、思う存分 装置展開が出来なかったり、袖のモニターが丸見えだったり、照明空間が限界だったり…で、今回の壮大な御屋敷が設定の作品は、演出泣かせの厄介な劇場だなぁ…と感じました。

でも、スタッフ&キャストが一丸となって、このサスペンスを表現しよう…という意気込みが 充分に伝わって来て、最後 スタンディングオベーションをさせて戴きましたupupup

4月6日(日)初日~6月30日(月)千穐楽 です。

私は、もぅ1~2回 観よぅかなぁ…って 思っていますticket

楽しみbleah

|

« 菜種梅雨 | トップページ | アロマ・オイル »

コメント

記事読んで、がぜん私も観に行きたくなったわ~! 一緒に行ければ、日にち合せようよ~! その時は事前学習セット貸してね~(^_-)-☆ ヒッチコックは大好きな映画監督の一人でもありますしね! ちなみに、私は「裏窓」が一番のお気に入りですが~。

投稿: 桃りん | 2008年4月16日 (水) 17時00分

桃りん!
ほんとにぃ~happy01sign02 嬉しいぃ~lovely
では、一緒に観に行きませうcherry
きっと EIchanパパも、喜ぶよんhappy02
「裏窓」ねぇ… 昔は、いい作品が沢山あったねぇmovie
「鳥」は、鳥が苦手な私は ngですweep

フローリングの修復には Helpにゆけず、ごめんね。
お母さん&胡桃chanは、時間潰し 出来たかな???


投稿: カンナ | 2008年4月17日 (木) 02時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193626/40867490

この記事へのトラックバック一覧です: Musical♪ レベッカ:

« 菜種梅雨 | トップページ | アロマ・オイル »