« ニヘラ~ ♡→ܫ←♡ | トップページ | 9月に突入 ( ⌒‐⌒) »

2009年8月31日 (月)

TSミュージカル “天翔ける風に”

Photo

久々の池袋。

東京芸術劇場 中ホールにて。

8月22日ソワレ&8月26日マチネの両日を観劇。

個人的に、22日の方が 遥かに感動が大きかった。

まっ、全体的に 22日の方が士気が高まっていたのよ。

ドストエフスキーの『罪と罰』を贋作『罪と罰』として、夢の遊民社で名を挙げられた野田秀樹氏がストレートプレイを書き下ろされた。

その贋作をミュージカル化して、女傑 謝珠栄氏が演出&振付。

今回は、再々演らしい。

話は日本の幕末に置き換えられていて、日本人の興味をそそる内容であった。

その中に、男女の想いも添えられて…。

案の定、私は グイグイとそそられて行った。

幕末を生きた人々の情熱&哀れが 相反して描かれていて、脚本の骨組が良く出来ていたのよ。(…って、超生意気だけどsweat02

架空の人物を “坂本龍馬”に仕立て上げちゃうなんて、何て アドベンチャーsweat01

高校時代から脚本を書いている私にとっては、作品ってのは脚本が大切だなぁ…って しみじみ感じたわ。

役者も 演り甲斐が充分にあると思うし。

どぅしても 役者目線で観てしまうので、誰々が良かった…とか 誰々がどぅだった…とかって云う観方は 苦手なんだけど、今回に関しては 配役一人一人が粒立てて描かれていたので、役者のそれぞれが 演り甲斐があっただろぅなぁ…と 羨ましく思いました。

そんな作品でした。

東京は 昨日の30日で千穐楽を迎えちゃったんだけど、9月3日に滋賀県&9月6日に新潟県と巡業との事。

お近くの方は、是非 御覧あれ。

|

« ニヘラ~ ♡→ܫ←♡ | トップページ | 9月に突入 ( ⌒‐⌒) »

コメント

これ、私も大好きな山崎銀之承さまの舞台ね~! 良かったんだ~! いいお芝居を見た後のお酒って美味しくて、話も盛り上がるよね~!  舞台は、何て言ったって「脚本ありき!」ですよ! ね!

投稿: 桃りん | 2009年9月 3日 (木) 23時31分

桃りん!
そぅよぉ~ 銀之承ならぬ山崎銀之丞様よぉsweat01
お客様にとっても役者にとっても、脚本は大切よねぇbook
演る側は、脚本に描かれている本質を見抜く作業から始めるしねぇpencil
いい芝居を観た後は、美酒に酔い痴れたいよねぇwine
昔 京都で、嗚咽し乍ら映画を観た後、小料理屋さんに入って、美酒を酌み交わし 語り合ったよねぇbottle

投稿: カンナ | 2009年9月 4日 (金) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193626/46081316

この記事へのトラックバック一覧です: TSミュージカル “天翔ける風に”:

« ニヘラ~ ♡→ܫ←♡ | トップページ | 9月に突入 ( ⌒‐⌒) »