« カラーセラピー!? | トップページ | ちょっとした 心掛け »

2009年12月18日 (金)

父からの言葉

今日は、日頃より 私が父から賜った数々の言葉の内の二つを記してみようと思うpen

父は文家なので 書く事は朝飯前の人ですが、時々心に留めて置こぅ…と、一筆を認めてくれた書を大切に飾ってあります。

  

先ず 一つ目は、私が初めて 半蔵門に在る国立大劇場にて 日本舞踊の会に出る際、本業の舞台とは勝手が違い、いい意味でも悪い意味でも 緊張していた私に…。

周りを気にせず

目立つことも考えず 

平常心で淡々と

咲く花こそ美しい

無心 無欲

前日に貰ったのですが、心に響きました。

  

二つ目は、帰阪した際 人との付き合いについて一言を認めてくれました。

慣れ親しむは 佳し

狎れ親しむは 悪し

人生の中で、本当に大切な事ですよね。

  

父は達筆だし、ポスト“相田みつを” になれたらなぁflair

毎年 私の御年賀状は、相田みつをさんの書画ですfuji

因みに、今日現在 誰方にも書いておりませんsweat01

…てか、未だ 印刷が仕上がっておらず、一枚も手元にありましぇ~んcoldsweats01

恐らく、七草の頃に 届くかと思われますpostoffice

悪しからずsweat02

|

« カラーセラピー!? | トップページ | ちょっとした 心掛け »

コメント

素晴らしい。重く深い、けれど優しい言葉ですねぇ。「無心、無欲」むつかしいことだけど、本当にほんとうに大切なことやね。お父様、なんて素敵な方なんでしょうshine

投稿: なむ | 2009年12月19日 (土) 11時29分

羨ましいなぁ。
うちの父は、気持ちを言葉で表すのが下手で、
深い話はしたことありません。
昔の日本男性てのか、でも高倉健とか渋いのじゃなく、
田中邦衛とかの、どうしようもない不器用さで。
あの手の男性は、どうやってコミュニケーションとってるんだろうか、大人になったら判るのかと思ってたけど、
十分大人の今もわかりません。
きっと同世代であろう先輩のお父様のお言葉を、
うちの父も言わないけど思ってるのだろうと考えて、
ありがたく読ませて頂きました。

投稿: きゃっさん | 2009年12月21日 (月) 01時01分

なむ先輩!
“素敵な方” だなんて、こっ恥ずかしいんですけど、
そんな風に云って戴いて、有難うございますconfident
全然、普通のお爺ちゃんですよbleah
唯、贈ってくれる言葉は、思わず肯いてしまいますwink

きゃっさん!
それ、よく解りますflair
うちも、そんなに父と話す事が無いのんよsweat02
父は私に遠慮しているし、私も敬遠しているし…sweat01
会話が無いからこそ、偶に考えさせられる言葉を贈ってくれるんやろぅねweep
きゃっさんのお父様も、きっと照れ屋さんでいらっしゃるだけで、きゃっさんの事を心底心配してはると思うわ。
こぅやって、皆のお父様の“思い”は、手に取る様に解るのに、自分の父親だと つい反発してしまうものやねdespair
きゃっさんからのコメントで、改めて 父の言葉を深く受け止める事が出来ました。 有難うheart

投稿: カンナ | 2009年12月21日 (月) 13時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193626/47051580

この記事へのトラックバック一覧です: 父からの言葉:

« カラーセラピー!? | トップページ | ちょっとした 心掛け »