« 畝り | トップページ | 早くも 入梅 ☂ »

2011年5月23日 (月)

映画 ブラック・スワン

何本か観たい作品がある中、今回は 私にとっては一番旬かなぁ…と思われる ブラック・スワンを観ましたmovieeye

ナタリー・ポートマン演ずるバレリーナのニナにスポットを当てた作品で、彼女は この役で アカデミー主演女優賞&ゴールデン・グローブ主演女優賞の栄冠に輝いていらっしゃいますcrownshine

ですが、R-15指定作品ですので、年頃のお子さんがおありの方は御注意をdanger

ネタばれになるやも知れませんが…bleah

バレエ 『白鳥の湖』 のオデット姫&黒鳥オディールは、正反対のキャラクターポジションで、同一人物が演じ切る所に醍醐味があるのですが、オデットの任であっても、オディールが王子を誘惑する術に悩み、巧く表現出来ないでいる隙に、幻覚と現実の境で主役を巡って奪い合う凄まじさを含め、プリマドンナへの執念、母親の重圧から逃れようとして錯乱する様子は狂気で、瞬く間に 引き込まれましたimpact

或る意味…役者にも通ずる所があり、自分に強くならねば生きてゆけない世界観が描かれていて、共感を覚えましたsweat02

でも、プレッシャーに打ち勝ち 自分を開放するのって、中々大変な事ですbearing

舞台の初日、本番で漸く役に入魂してゆくニナの変貌&客席で見守る母親の姿を確認した瞬間のニナの心情を思い遣ると、涙が零れましたweep

エッ、泣かないsign02 私だけsign02

ラストシーンは呆気無い気もしましたが、観終わった後、深呼吸と云うか 深い溜め息が出ましたdash

ナタリー・ポートマンがピケ・ターンする時の腕が ちょっと違和感がありましたが、綺麗でしたdiamond

バレエに興味が無い方でも楽しめるかと思いますので、是非 チェケラしてみてねflair

|

« 畝り | トップページ | 早くも 入梅 ☂ »

コメント

いや~! 思った以上に、エロイ、シーン満載で。単なるバレエ映画ではなく、人間の精神的な葛藤を、いろんな角度から描いた映画でしたね。 母との葛藤は「愛を乞う人」と通ずるものがあったかも、、、。 しかし、ナタリーは、女優魂を見せてくれましたよね。 バレエを子供の頃からやってる役を、役つくりから、あれだけやってただけでもスッゴイですよね。
ちゃんと、引きの映像も、いっぱいあったしね。 手の動きだけでも、(確かに、ピケの時の腕は、、、が、ありましたが、白鳥の腕の動きは、綺麗でしたよね。 )
主役を勝ち得た故に、いろんな呪縛の中で葛藤せざるを得ないプリマを、よく演じてたと思いますよね。 映画自体は、ドロドロしてますが、そんなナタリーにブラボーでした。 
さすが、アカデミ主演女優然り!って感じでした。
ところで、阪急電車も、日本映画~って感じでしたが、それなりに良かったですよ。 宮本信子さんが、いいよ~!

投稿: 桃りん | 2011年5月23日 (月) 22時01分

私もこの週末にみましたよ。
「よかった!」というのではないけれど、自分を追い込む主人公の様子は、共感しました。
私も自分の弱い部分は、つい自分をせめちまうところだと思うので~。
それから、爪のまわりのささくれを剥くのはやめようと、心に誓いました!

投稿: はつき | 2011年5月23日 (月) 23時30分

アバミーのひとこと見てたらホラー映画かとw
よかったあ、ホラーじゃなくて♪ ←

投稿: らっぱの。 | 2011年5月25日 (水) 01時20分

桃りん!
R-15だけあって、少しヤバかったねぇcoldsweats01
バレエ界の裏側を抉り出していたよねsweat02
『愛を乞う人』 は、母との葛藤そのものやったねぇimpact
京都で観た 『愛を乞う人』 は、一生 忘れられへんわweep
今回の作品も ナタリー・ポートマンが体当たりの演技&バレエで、スクリーンの中で輝いていましたshine
役者にしろプリマドンナにしろ主役ってのは一人孤独で自分との闘いやからねbearing
安定した精神状態なんて、居たくても居られないしねsweat01
『阪急電車』 は、私にとっては 沢山の想い出が詰まった電車やから、それだけも観る価値があるねんtrainheart04
しかも、今津線crying
宮本信子さんは口跡が良くて、尊敬する女優の御一人ですflair

投稿: カンナ | 2011年5月26日 (木) 03時39分

はつき chan!
“爪のまわりのささくれを剥くのはやめようと、心に誓いました!” は、ウケたわぁhappy01
あのシーンは 夢現の幻覚だろぅけど、恐かったよねshock
思わず、目を背けたよbearing
それにしても、自分をあそこまで追い込むと、幻覚を見るんだねcoldsweats02

投稿: カンナ | 2011年5月26日 (木) 03時55分

らっぱの。 さん!
アハハ… 説明無しで呟いてしまいましたbleah
決して、ホラーではありませんsweat01
御安心をconfident

投稿: カンナ | 2011年5月26日 (木) 04時02分

お!観たんだね!!!
ナタリー・ポートマン、ちょー良かった!
私も泣いた!ラストの黒鳥の踊りのところで、かっこいいー!って思って。
バレエ、生で観てみたい!

あの、爪のシーンでは、なんども「きゃぁぁ〜やめれ〜!」ってならなかった?恐怖だよ。あれは。

ところで。ピケ?ってなに?なに?
どんなシーンで?

投稿: あやちか | 2011年5月26日 (木) 23時04分

あやちか chan!
彩chanは帰国の際、飛行機で観たんだよねairplane
日本では未だ全国ロードショーになってない頃にmovie
彩chanのオススメの映画は間違いないからねgood
今回のナタリー・ポートマンは、役柄と共に脱皮出来た感じがしましたshine
黒鳥の魅せ所は、32回転のフェッテというのがあって、今回は それはカットされていたわsweat01
ピケ・ターンはCMでも流していた舞台初日のシーンで出て来たよflair
ピケ・ターンというのは片脚で横へ回転して移動するパなんだけど、今度 実践で教えてあげるねbleah
ササクレは親不孝だと云うけど、剥くシーンはゾッとしたよねぇ~shock

投稿: カンナ | 2011年5月27日 (金) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193626/51744634

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 ブラック・スワン:

« 畝り | トップページ | 早くも 入梅 ☂ »