« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月25日 (土)

お紋の風 名古屋にて再々公演

まったまた おっそ~い UPとなりましたpc

名古屋は中日劇場にて 島津亜矢さんの特別公演 『お紋の風』 再々公演に 出させて戴きましたheart

Photo

山本周五郎作 『野分』が 原作となって居りますbook

Photo_8

悲しい事に… 中日劇場は 来春三月を以て 閉館となりますshock
中日劇場は 今、最終公演シリーズと銘打って 興行なされて居ますevent
沢山の思い出深き劇場に お別れを告げる事が 叶いましたweep

私… 恵まれて居ます…clover

初日には 亜矢さんから 色々な御品&手拭いを頂きましたpresent

Photo_2

有難いですねぇ…cute

そして、毎回 公演の度に 中学校からの同志で心友のいのこから お花が届くのですが、今回も 又々 お気遣いを頂戴しましたkissmarkkissmarkkissmark

Photo_4

私… 倖せ者やね…full

しかも、名古屋在住なので 観に来てくれましたぁhappy01
ショーの最後の手拭い投げで、舞台から いのこに投げて 見事 キャッチしてくれたので、嬉しかったぁwink

終演後 ご飯を食べに行って サインを頼まれたので、下手なサインを ちゃっかりしちゃいましたぁpen

Photo_3

私ったら 畏れ多いねっsweat01

千穐楽には カンナさんは大泣きする…と 皆んなに云われて居りましたが、案の定 号泣でしたcrying

亜矢さんには 本当に 本当に 親切にして戴いて、感謝 感謝 また 感謝…ですlovely
お人柄だけでなく、パワフルで 素敵な歌声に すっかり 魅了されてしまって居ますheart04

号泣する前に、千穐楽本番中に 舞台裏で 御写真も一緒に 撮って戴きましたcamera

Photo_5

この時 次女役が行方不明だったのですが、角三一家と 亜矢さん扮するお紋ちゃんが 揃いましたsign03

ショーの前も 楽屋は賑やかでしたhappy02

左から 元タカラジェンヌの 藤川真千子さん・私・芦田伸介さんのお孫さんで松山英太郎さんのお嬢さんの 由夏ちゃん・旧知の 藤ノ木ゆいちゃんの キラキラ組ですshine

まち姐とは この作品の初演で初めて 御一緒したのですが、公演の回を重ねる毎に 厚かましくも 腐れ縁になってゆきましたsmile
由夏ちゃんとは 彼女の初舞台の時、私も 同じ舞台に出て居て、おじいちゃまも 御一緒だった事もあって、今でも 印象深く脳裏に焼き付いて居ますconfident
藤ノ木ゆいちゃんとは 同い年で、二十代の頃からの役者仲間で、愉快で 愛すべき人ですbud
二人共 若かったし、二人共 芸名が変わりましたbleah

大好きな写真の一枚となりましたflair

Photo_6

島津亜矢さんという 素晴らしい エンターテイナーに 出会う事が出来、亜矢さんを支える周りの素晴らしい方々と お仕事が出来て、心から 感謝申し上げると共に、中日劇場の51年の歴史に 何度か名前を連ねて戴いた事、私の役者人生にとって とても 誇りに思いますdiamond

帰京の際、三十代以来で お久し振りに御一緒させて戴いた穂積隆信さんと 名古屋駅でウロウロして居ましたので、ド素っぴんで パシャリeyeglass

Photo_7

お元気な御大を 見習って、これからも 又 頑張って 顏晴りますっsun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 3日 (金)

㊗️12年目🎉🎊

おはようございます😃
今、名古屋は 中日劇場にて 舞台に立たせて戴いて居ります🎭
世間は 今日から 三連休ですってね🎌
いいなぁ➰💦
こちらは 島津亜矢特別公演が佳境に入って、新歌舞伎座•明治座に引き続き、再演 真っ只中です👘
私の大好きな 山本周五郎作『野分』ーお紋の風ー & 亜矢さんのパワフルで素敵な歌声のショーが 中日劇場に響き渡って居ります🤗

そんな今日☝🏼
文化の日に カンナ ☆彡 ワールドが 12年目を迎えましたぁ1️⃣2️⃣
目出度いっ👏🏼

文化の日に 舞台に立たせて戴けて、倖せです🈵
役者冥利に尽きますよね…💝

偶にしか ブログに記事を書かなくなっちゃって、いつも 反省💧
拙い記事ですが、毎回 心を込めて 認めて居ります✍🏼
干支も一回りして、感慨深いです♥️
色んな記事を 世に出して来たなぁ…🌐

これからも 一筆入魂して 発信してゆきたく思って居りますので、今後共 どぅぞ御贔屓に 応援の程 宜敷くお願い申し上げます🙇🏻‍♀️💕

さっ、今日も元気に 舞台を顔晴って来ま〰す💪🏼💥

2017年11月3日(金) 文化の日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »