2014年5月14日 (水)

大好きな 母校

大好きな母校

大好きな母校

大好きな母校

大好きな母校

大好きな母校

大好きな母校

大好きな母校

大好きな母校

大好きな母校

 
中に 里帰りしたら、光合成しまくっている新緑が 迎えてくれました
 
マイナス・イオンで 森林浴
 
母校の自慢の樹々を 少しだけ 御裾分け
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

お雛様

お雛様

  
灯りを点けましょ 雪洞に       
    お花をあげましょ 桃の花
    五人囃子の笛太鼓
    今日は 楽しい 雛祭り
 
    御内裏様とお雛様
    二人並んで 澄まし顔
    お嫁にいらした 姉様に
    よく似た官女の 白い顔
  
  
つい先日 お正月だったのに、もぅ お雛様だなんて、流石は 『行く・逃げる・去る』 の時節ですね
  
この雛壇は、2月中旬に 箱根に温泉旅行に行って、泊まった日の夜に準備されていて、飾り終わるのを見守った直後に 撮らせて戴きました
  
漸く この写真を載せる事が出来ましたぁ
  
今日の東京は曇っていて、寒いです
  
未だ未だ 冬空ですねぇ
  
早く 春風が吹かないかなぁ
  
そぅだ
雛あられを頂いたので、熱いお茶と共に頂きましょうか

         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

2010年 帰阪

2010081511120001  
 
今年の御盆は日数も取れなかった上に用事もあった為、バタバタとした帰阪となりました
  
なので、高校時代の親友や母校の恩師K先生、親戚や劇団時代の先輩にも逢えずに過ごしました
  
あっと云う間だったなぁ
  
写真も殆ど撮れず、自室に残してある 大切な大切なピアノだけ撮って来ました
  
でも、弾く時間が無かったよぉ
  
帰阪中、誕生日の御祝いを下さった皆様、本当に有難うございました
  
次回は、もっとゆっくり マミーと過ごしたいなぁ
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

箱根 プチ旅行

Nさん&H親子、桃子&胡桃親子と一緒に 一泊二日で箱根に行って参りましたsun

又々、珍道中で楽しかったですhappy02

Nさん&桃子はプランナーで、何処にゆくのも 何をするのも ちゃんと計画を立てて実行に移すのですが、私はアドベンチャー好きなんで、風の向くまま 気の向くままで どぅにでもなれ…なんですcoldsweats01

ですので、Nさん&桃子の間では 確認が取れ合っているのですが、何処に泊まるのか 何が目的なのか 私は解らず仕舞いで、いつも シレ~ッと付いてゆくんですsweat02

今回も そぅでしたflair

今回は、小田原にゆき 全く違うホテルに泊まるものだと思い込んでいたら、私の知らない内に 今回泊まった所に変わっていましたsweat01

あれっ、いつ 変わったのsign02

しかも、小田急ロマンスカーに乗って 暫くしてから、漸く 何処にゆくのか 何処に泊まるのかが解ったんですgawk

私ってdash

小田急湯本駅からは 登山電車に乗り換えましたtrain

P1030464

P1030462

降りた駅は、こちらの宮ノ下駅です。    downwardleft

P1030463

ロマンティックな雰囲気でしょうconfident

さて、こちらが 今回泊まったホテルですhotel    downwardleft

エクシヴ 箱根離宮

P1030526

箱根富士屋ホテルの真ん前に 今年3月に建ったばかりの とっても素敵なホテルでしたshine

お部屋は こんな感じwink       downwardleft

P1030467

P1030468

P1030469

P1030470

P1030476

P1030477

P1030478

P1030480

山々に囲まれた広大な敷地で、マイナス・イオンの空気を存分に吸えましたmist

P1030482

エントランスdoor      downwardleft

P1030487

こんな古木が迎えてくれますclub     downwardleft

P1030501

朝食のバイキングは、こちらでrestaurant    downwardleft

P1030494

朝食後、広い敷地内を お散歩してみましたfoot   downwardleft

P1030492

P1030497

P1030510

P1030517

P1030518

P1030522

P1030525

P1030529

こちら、お向かいの箱根富士屋ホテルdiamond    downwardleft

P1030481

二日目は、強羅から ケーブルカー&ロープウェイを乗り継ぎ、大涌谷にゆきました。

P1030533

P1030537 P1030628 P1030554

P1030577

狭所&揺れが大嫌いな私は、ロープウェイ…嫌いbomb

無事に着いたけど、恐かったよぉdanger

P1030582 

でも 大涌谷に着いてみたら、怯えた御陰で 日本一の富士山を 綺麗に望めましたfuji

P1030601

絵葉書みたいに撮れましたcamera

P1030602

富士山をこんな間近で拝めて、私ゃ大満足じゃったよfull

大涌谷名物の黒玉子をゲットして、ハイ ポーズscissors downwardleft

1個食べると、7年寿命が延びるんですってseven

1袋5個入りでしたので、かなり寿命が延びましたthreefive

P1030604

暫く 富士山を堪能して、下山してからは餃子センターに まっしぐらrun

午後3時迄に入らないと食べさせてくれないらしく、早足で向かった御陰で間に合いましたcoldsweats02    downwardleft

P1030631

こちらは、鶏の皮で巻いた 餃子ですwink   downwardleft

P1030635

満腹指数100%になり、そろそろ 帰り時間が気になり出した頃、強羅ローズガーデンに赴きましたtulipcherryblossom downwardleft

P1030639_2

樹々や草花が溢れていましたが、藤棚の藤や数種類の薔薇は 未だ蕾にもなっていませんでしたweep

P1030640

P1030636

美智子様 縁の薔薇の様ですが、これからの様ですbud

P1030646

ヒマラヤ杉の大木です。   downwardleft

P1030647

…に、しがみ付く 胡桃chanですheart04    downwardleft

P1030649

小高い丘より眼下を眺めると、素敵な泉がlovely  downwardleft

P1030650_2

楽しい時間は、あっと云う間ですsandclock

シンデレラの如く、馬車の時間に…いや 小田急ロマンスカーに乗り遅れない様に、いい所で切り上げて 後ろ髪を引かれる思いで、ローズガーデンを後にしましたpaper

4月は殆どrainだったのですが、我々晴れ女の旅行は又々晴れ渡り、五月晴れの下 楽しく愉快な…そして、私にとっては 行き先不明の旅となりましたsmile

アドベンチャーだねぇimpact

5月は いいやねぇ~clover

一年の中で、一番好きな季節だなぁheart

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

新潟は岩原にて “初 SKI”

又もや pcの領域不足に陥ってしまい、ブログの更新が出来ずに居ましたpencilheart03

久しぶりの記事は、3月の三連休に2泊3日で行って来た 初SKI ネタにしてみますski

以前にも記しました様に、私の人生で SKIは御法度でございましたban

ところが、一度くらいは経験しておかないとなぁ…と この齢で思い立ち、Nさん&H君の親子と、いや 今回はパパも一緒に…って事は、Y家のSKI旅行に 私がお邪魔虫する事になったのですsweat01

Nさんが懇意にしている 新潟県南魚沼郡湯沢町に在る 岩原(いわっぱら)に連れてって貰いましたrvcardash

蓼科に引き続き、雪 雪 雪…でございましたsnow

但し、3月ですから 蓼科の時の様にパウダースノゥではなく ベチャ雪で、初日の夜中に豪雨でしたので、翌朝の雪は凍て付いてしまい、スケートリンクの様になってしまっている箇所も在り、危険そのものでしたdanger

宿泊したSAKAEYAの5階のお部屋の窓から撮影した湯沢の街並みですcamera

雪は少ないですが、正真正銘flair 川端康成の『雪国』の世界です。

2010032214020000

そして、こちらが SKI 場  downwardleft

2010032208230000

初日one

岩原に着いたのが夕方でしたので、恒例のソリ滑りsign01

Photo

久しぶりの雪 & 新SKI ウェアに、私も大喜びfull

相変わらず、ドスッピンだけどcoldsweats01

P3200692

P3200693

翌日two

4人の内、SKI 経験者は Nさん&H君のみ。

H君なんて上級者コースもヘッチャラなんで、唯一頼みの綱でした。

初心者仲間のパパも、この日の為に ウェアを新調 new

Photo_3

パパ&私は 全くの初心者でしたので、スクールに入り 最初の第一歩からのスタートでしたslate

男性4人&女性1人のクラスで、何故か 私だけ先生に集中攻撃で叱られまくり、パパはニヤニヤしっ放しsmile

スパルタの先生は 午前中のみの授業で okだから…と、午後からは いきなり雪原に放り込まれましたshock

パパ&私は、不安だらけsweat02

うそでしょょょimpact の心の叫びも虚しく、リフト券を買って、初リフトに 緊張し乍ら乗り込みましたbearing

2010032412460000_2

Nさん&H君に リフトの乗り方&降り方を伝授して貰い、リフトに乗ったはいいものの、ディズニーランドの乗り物の様に お腹辺りのストッパーは無いし、SKI 板を着けたまんまの宙ぶらりんのアンヨには参りましたwobbly

私、揺れ&高所が ngなのですweep

でも、初級者コースの頂上に降り立った時は、ハイジの気持ちが よぉく解りましたlovely

山 山 山…の山並みに、大感動でしたfuji

空気の美味しいことshine

美味しい空気を いっぱい吸い込んで、いざ 初滑りsign03

スパルタ先生に教わった事を思い出しつつ…スタートを切ったのですが、私の思い描いていたシュプールは 全く描けませんでしたpig

『ハの字』 『真っ直ぐ』 を繰り返して、最初はゆっくり…と思っていたのですが、車もスピード違反で捕まってしまう私は、矢張り SKI も弾丸直滑降でしたbomb

この屁っ放り腰を御覧あれbleah

P3220714

Nさんが私の滑り方を見て、誰かの滑り方に似ている…と思ったら、胡桃chanの滑り方にソックリだったらしく、大笑いとなりましたhappy02

案の定、ズッコケまくりですcatface

P3220718

ゲレンデの下で再会したスパルタ先生は 案外いい方で、何度もコケて上手くなるんだから大丈夫だよ…との温かい御言葉をかけて下さいました。

この日は、ゲレンデに居っ放し。

途中 パパ&H君は休憩しに行っちゃいましたが、私は Nさんに教わり乍ら滑りっ放しの御陰で、弾丸直滑降でも 少しずつ滑れる様になりました。

初日の夜中に豪雨rain 二日目の夕飯を食べる頃に雪が降り出しましたが、灯りに燈されたゲレンデに誘われて、夕食後 パパ・Nさん&私の三人でナイターのゲレンデに繰り出しました。

時間が経つにつれ 映画で観る様な吹雪に見舞われ、夜の雪山を綺麗だと愛でるゆとりも無くなって来てしまいましたが、それでも吹雪の中 何度か滑ってから断念しました。

最終日、3日目three

朝、起きたら 二の腕が悲鳴を上げていました。

普通 SKI を始めたばかりってアンヨが痛くなるそぅなんですが、普段 ダンスで鍛えているからかアンヨは何ともありませんでした。

私の場合、緊張で ストックを力一杯握り締めていたせいか、腕&背中に来ちゃいました。

…が、体育会系ですから 13時半迄 みっちり滑り切りました。

夜中の豪雨&吹雪のせいで雪が凍て付き 光っていて、3日目のゲレンデは恐かったです。

H君は 私がコケる度に止まってくれて、私が立ち上がるのを 辛抱強く待っていてくれました。

初級コースは物足りなくて上級者コースに行きたかったでしょうに、付き合ってくれました。

H君、有難うねheart

リフトにも 一緒に乗りました。

P3220726_2

4人乗りのリフトがあるから乗ろぅと云われ、乗ったら…。

P3220719

気付いたら、初~中級者コースの山頂に連れて行かれていました。

山頂(中腹)の眺めは 最高なんだけど…eye

P3220723

こっから 滑るんかいぃぃぃぃcrying

最後の方は疲れて来て コケまくりです。

コースを外して、コケまくった跡です downwardleft

P3220728

バランスが狂い出し、頭まで 打っちゃいましたthunder

脳髄の髄液が 鼻を通って流れ出た感じでした。

初SKI にしては、たっぷりと滑りました。

後で数えたら、最低でも 計20本は滑った様です。

ヘトヘトな筈です。

でも、とっても 充実のゲレンデでした。

興奮しまくりの 3日間でした。

雪山にサヨナラするのは、淋しかったです。

2010032214510002_2

三連休の最終日でしたし 関越が超混むのを見越して、15時過ぎに山を降りました。

2010032214520001

岩原の山の麓に降りて着て、雪山に さようならぁ paper

2010032214550001

山以外 高い建物が無くて、最高です  downwardleft

2010032215020000

日本一長い 雪国のトンネルに入る寸前です  downwardleft

2010032215040001 

疲れているのに、ず~っと 運転して下さったNさんには 感謝・感謝・又 感謝…です。

帰りは、矢っ張り 混みまくっていました。

途中で、撮ってみました  downwardleft

2010032217480000

めっちゃ笑える珍道中となり、東京に入った筈が何故か名古屋に行きかけましたrvcardash

私はアドベンチャー好きなんで 楽しかったんですけど、Nさんはショックだったでしょうね。

夜遅くにnight  我が家に辿り着いたのですが、遠路遥々 Nさん お疲れ様でした。

そして、寝ないで 一緒に送ってくれたH君も 有難うheart04

パパも忙しい中、初SKI を共にして戴いて、心強かったです。

  

…にしても、腕&背中+首が 暫く痛かったよぉsad

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

“蓼科” IN 雪

メンバー会員 Nさん&H君親子、桃子&胡桃親子。

そこに、Nさんのダーリンであり H君のパパが 参加してくれて、総勢6名で 雪の蓼科へ二泊三日の旅行をして参りました。

私にとって 積雪地帯にゆくのは、生まれて初めてです。

こんなに長く生きているのに、初体験って 未だ未だ有るもんですねぇhappy02

私、高校の時とかバレエを習っていたから、SKI は滑っちゃ駄目なのでしたban

未だ嘗て SKI にトライした事はなく、今回も 御遠慮させて戴きましたが、この二泊三日の目的は、THE SKI だったのです。

12月19日(土)sun

朝ほぼ8時半に、待ち合わせ場所の新宿からスタートmotorsports

P1010771

2台に分かれて、快晴の下 出発しましたcardashrvcardash

素晴らしいお天気で、遠くに富士山も拝めましたfuji

そして、どんどん目指す信州に近付いてゆきましたsoon

P1010777

P1010778

東京を離れるに連れ、川端康成の 『トンネルを抜けると そこは雪国だった』 を目の当たりにして、私達は車内で大ハシャギnotes

一気に、雪国に突入しましたshine

車内から、mobilephoneで 白樺林を撮り捲りましたcamera

P1010787

雪は 次第に増えてゆき…

P1010794

初日のスキー場の ピラタス蓼科スノーリゾートでは…

P1010795

豪雪地帯にsign03

関西で生まれ 一時 南国で育った私には、周り一面が雪景色だなんて、感動ものでしたlovely

スキー場に着いた時 こんなに降り積もっていましたが、温暖化のせいか、この一帯は 前日に やっと雪が降ってくれたそぅです。

私達は、お天気にも雪にも恵まれていましたsunsnow

私と同じく、豪雪&SKI がお初の胡桃chanも大喜びnote

P1010796_2

駐車場にて パチリflair

Cimg2326

H君は、ある程度 滑れるので、早速 スキーヤーにsnowboard

P1010798

SKI をやらない胡桃chan&大人達は、雪達磨でも作ろぅか…と思いきや、サラッサラのパウダースノーで、固まってくれませんでした。

このパウダースノーに、私は又 感激heart04

新雪に足を突っ込んで、子供の様に 雪と戯れましたcoldsweats01

一晩で、こ~んなに 降り積もっていたのよupdown

P1010803

嬉しがっている私を、桃子が撮ってくれました。

P1010802

今回の目的は、H君が4級の進級テストに合格する事もあったので、H君は 朝からずっとSKI スクールに入校して、SKI 三昧。

他の皆は、ソリ滑り etc ski

Cimg2351

Cimg2353

そんなこんなで、あっと云う間に夕方になり、ホテルへhotel

宿泊先は、XIV(エクシブ)蓼科です。

以前にも 泊まった事のある ホテルの系列です。

素敵な スィートルームでしたdiamond

P1010843

P1010844

P1010845

P1010846_2

勿論、温泉の露天風呂もありましたよぉspa

12月20日sun

私達の日頃の行いの良さなのか、翌日も快晴wink

この日のスキー場は、白樺湖高原 2in1 スキー場に。

ホテルの方が、エントランスで撮影して下さいました。

Photo

2in1は、広大なパノラマで ハイジになれる所でしたcapricornus

気持ち良く広がるゲレンデを 御覧あれeye

P1010823

P1010832

P1010833

P1010835

P1010839

ねっ、ハイジになれそぅでしょsign02

銀世界にハシャギまくっていたら、深みに嵌まりましたsweat02

Cimg2384

ここでは、H君だけではなく 胡桃chanも SKI に初トライする事になり、H君共々SKI スクールへ入校。

P1010826

H君はマンツーマンで、コーチの後を格好良く滑走good

胡桃chanは素質があったらしく、初めてにしては上手に滑っていましたscissors

又もや 取り残された大人達は、撮影隊ですcameramovie

小学校3年生になった H君は、年中さんの胡桃chanの面倒を 上手に見られる様になりましたchick

初心者の胡桃chanのスキー板の調子を見てあげたり、沢山 御世話してあげている姿に感動weep

H君も、お兄chanになったなぁ…って。

P1010829

Cimg2382_2

P1010830

Nさんも、楽しそぅhappy01

P1010831_2

パパ&H君の語らいを、隠し撮りbleah 

P1010837

P1010838

このH君、見事な滑りっぷりで、4級に進級出来ました。

おめでとうcrown

  

この蓼科旅行は、皆にとって 楽しい想い出になりそぅで、H君&胡桃chanが大人になっても 覚えていてくれたらいいなconfident

次回は 子供達だけでなく、大人もトライしてみよう…と、話が盛り上がっています。

私も SKI を解禁してみようかなclear

パパ&Nさん、行き帰りの運転を 有難うございましたheart

又、宜敷く…ですsmile

  

 

“あとがき”

二日目の 2in1 にて、スキー場の方の手違いがあり、桃子&私は 事故が起きた際にしか出動させない スノーモービルに乗せて戴いて、滑走者の注目の的になったとは(しかも逆走)、口が避けても話せませんsweat01

あれっ…(苦笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

2009年 帰阪日記 #5

8月16日 五日目。

地震による 東名高速の倒壊の影響で、希望の時間帯のbullettrainticketが 中々ゲット出来なかったのですが、暑い中 パピーが 何回も交通会社に走ってくれた御陰で、希望のダイヤをゲット出来ましたgood

パピーに感謝ですconfident

P1010463_3

毎年、後ろ髪を引かれる思いで、実家を 後にしますweep

年老いた両親を残してゆく 切なくて遣り切れない思いの葛藤が押し寄せます。

一人っ子だけにねぇ…。

   

一日目の記事にも 載せましたが .。o○   

実家の近辺は、こんな感じで 緑が多いのが自慢ですclub

P1010433

ねっ、森の様でしょうsign02

P1010437

マイナス・イオンが出ていて、大好きな場所ですconfident

P1010446

この樹々に見守られ乍ら、私は育ったのですup

ですから、住む場所は 緑&土の匂いがしないと駄目ng

そして、もぅ一つの大好きな場所を 車窓からパチリcameraflair

流れる川は、淀川です。

P1010459

見える山々は、私の芸名の源である 天王山&梶山で、そこの麓は『大山崎』」と云って サントリー・ウィスキーの『山崎』を 蒸留している工場が在ります。

そぉなのよwink

山咲は、この『大山崎』を ヒントに 命名したのよんclover

実家の直ぐ傍に在ります。

この緑深き 自然の恩恵を受けて、焦らず 流れのままに漂ってゆきたく思います。

私が子供の頃、母がよく note ケ・セラ・セラ~ って歌っていましたっけnotes

意味は、成る様に成る。

母らしい 言葉ですsun

   

あっと云う間に、江戸に帰って来ちゃいましたsweat01

でも、愛犬も元気にしていてくれて、ホッdash

只今sign04 dogheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

2009年 帰阪日記 #4

8月15日 四日目。

私事ですが…私の誕生日でありましたbirthday

年齢は…永遠の17歳のまんまでございますcoldsweats01

殴らないでぇsweat01

15日になった途端、友人からの嬉しいバースデーloveletterが 続々届き、嬉しい悲鳴でございましたweep

御盆の真っ最中なのに、覚えてくれていて 有難うhappy02

8月15日は 終戦記念日で、正午になると 『黙祷sign04』 と声が響き渡り、中々御祝いモードにはなれないのよぉsweat02

子供の頃は 夏休みで、おじいちゃん&おばあちゃんのお家に、友達は皆 帰省しちゃうので、殆ど 祝って貰った事がありませんbearing

ところが、今は mobilephoneがありmailが出来るので、何処に居ても 皆各々の場所から祝ってくれるconfident

有難い事ですkissmarkheart04

写真は、今回 頂いたpresentの一部ですbleah

パリジェンヌやリセエンヌが履きそぅな フラットシューズ。

P1020918

女優 ミーシャ・バートン と 日本のメーカー提携の bag

好きなモーヴカラーで、山羊革なのcapricornus

中が又、可愛いのlovely

P1020949

御見せ出来ないけど、AMO’Sの アンダーウェア。

P1020951

これら全ての贈り主は、うちのマミーからsun

マミー 有難うheartって事で、私から“美々卯”のうどんすきを御馳走してあげましたwink

ちょっと お出汁が沸騰し過ぎやねimpact

P1010452

自分の手元をパチリcameraflair      

P1010453

矢っ張り、関西のお饂飩は 美味しかったなぁdelicious

家族三人で食べる事って 最近では叶わないから、倖せでしたclover

  

この日は、私にとって 心に残る一日となりましたdiamondshine

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

2009年 帰阪日記 #3

8月14日 三日目。

なんで 実家に帰ると、時間の経つのが早く感じられるんだろぅthinkdash

あっと云う間に、三日目になっちゃいましたwobbly

この日は、夜7時~ 我がM高校school 輝かしき演劇部の同窓会でしたbeer

先輩の期2名&私達の期6名での集まりとなりましたnight

御存知sign02

このメンバー+欠席者+後輩の期により、高校演劇コンクールで 全国2位の地位を勝ち取ったのですscissorsshine

その当時、うちの高校のラグビー部も 全国2位を勝ち取り、M高始まって以来の華やかな時代でしたdiamond

地区大会から始まり→府大会→近畿大会→全国大会と 勝ち進んで行ったのですup

あの勢いは、何やったんやろぅsweat02

若さ…青春まっしぐらでしたねsunsweat01

卒業して 〇〇年sign03

〇〇年以来の再会となり、ドキドキ ワクワクheart02

でも、出席者8名の内 6名が mixi のマイミクなもんで、お互いの情報は 交換し合っていましたから、安心感はありましたconfident

mixi で 名乗り合った時は、興奮しましたねぇhappy02

それもこれも、コミュニティーに 我が母校M高があったからですwink

この私の嬉しそぅな顔を見て下さいsign01

顔…白いし…coldsweats01 

隣のK子chanとは、高1の時の クラス・メイトcherry

彼女は看護師になったので、癒しモード満載でしたfull

P1010450

そして、先輩のお二人。

左が 中学の演劇部から ずっと一緒のB子先輩で、今は 地元のケーキ屋さんの奥様でありますcakeheart04

右も 中学の頃から存知上げていて 隣の中学の演劇部で、我がM高演劇部の部長を務められたⅠ先輩good

驚いた事に、今、東京の隣町に 御住まいだとかbomb

P1020928

そして、我が同期のしっかり者二人。

左が 先程のK子chanで、高1の時から 私の面倒をよく見てくれました。

当時の寺尾聰さんのファンで、いつも二人で 似顔絵を描いていましたpencil

右は 才女M。 うち等の同期の代表者で Ⅰ先輩の後を次いで、部長を務めてくれました。

放送部も兼部していたので、スピーチの天才ですkaraoke

今では、立派に仕事をしつつ 良妻賢母の二人です。

P1020935

次は、美しさを 競い合っていた 二人。

左が K美。 彼女も中学の頃からの仲間でⅠ先輩と同じ 隣の中学の演劇部出身者です。

気が強いんだけど、人の気持ちを思い遣れる子です。

高3で クラス・メイトになれて、良かったぁ。

右は Kタン。 当時の私達の憧れの劇団 『そとばこまち』の方と結婚されました。

最近 『そとばこまち』を離れられたそぅですが、ある所で プロデューサーをなさっておられます。

この日も、皆から 私達の憧れの人と結婚して ズルいsign04と云われておりました。

相変わらず、美しい二人。

P1020930

そして、可愛い Rchan。

私と同時に 演劇部に入った子です。

今では、ドラムに小説に子育てに…と大忙しだそぅです。

この日も、大忙しの Rchanでした。

P1020943

最後が、この日の幹事を務めてくれた、Uぱん♪

Uぱん、幹事 御苦労様でした。  おおきにね。

昔っから 変わらない声が、一気に 当時にタイムスリップさせてくれました。

独特のアニメ声で、「Uぱん、声 変わってへん!」 って、思わず叫びました。

ほんと、私 嬉しそぅhappy02

P1020931

  

この日は、実は 私だけ知らないサプライズが待ち受けていましたfuji

誕生日一日前だった私を、皆で 祝ってくれたのですbirthday

B子先輩んちのケーキ屋のケーキを、プレゼントしてくれましたheart01

もぅ 吃驚りimpact

蝋燭は 25歳となっていますbleah

それでよい、それでよい…smile

P1020926_2

蝋燭の火に照らされる 私、涙目ですweep

P1020923

でも、一生懸命 目を抉じ開けている 私eye

P1020921_2

B子先輩を始めとして、皆 有難うcrying

心から 深く感謝しますheart

B子先輩んちのケーキは、皆と一緒に食べられて、より 美味しかったですdelicious

M演の皆に祝って貰える こんな日が来よぅとは、十代の頃の私には 思いもよりませんでした。

会った瞬間から スイッチが入って、ヤバい位 気持ちは高校生でしたdanger

同じ釜の飯を食った仲間との思い出は、尽きる事は無いでしょう。

先輩お二人&K美とは、私が12歳の頃からの付き合いですしねchick

次の同窓会は、温泉地になるかも…ですspa

お開きとなり、御店の前で パチリcameraflair

ここに、顧問だった“吉T”が 居てくれたらなぁeyeglass

時間の経つのが、とっても早く感じましたsandclock

皆、いついつ迄も 元気で居てねclover

P1020945

 

すっかり、二日続けて 高校生の頃に戻れた 私でしたbud

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

2009年 帰阪日記 #2

8月13日 二日目。

この日は、親友Rのhouseに御呼ばれで、20年ぶりくらいに houseに御邪魔して来ました。

先ずは、1月に 帰阪した時から聞いていた 『餅パイ』 を 御馳走してくれました。

関西のテレビで、上沼恵美子さんや円広志さんが紹介された影響で、大人気なんだそぅです。

偶然にも Rのhouseの近所であった事もあり、朝から並んで買って来てくれましたweep

P1020885

噂に違わず、めっちゃ美味しかったぁ~scissors

しかも、私の両親への“御持たせ”にも 頂きましたpresent

Rは厭がるけど、ソファーで寛いでいる所を パチリflair

Photo_2

ほんま 綺麗な親友ですshine

この彼女、前にも話しましたが、“韓流”大好き人間でlovely お姉さんと一緒に 韓国へ行った時の珍道中話を、楽しく聞かせて貰いましたear

学生時代、こんだけやっとったら テストで100点ばかり取っていたやろぅなぁ…と思う位、pcで調べて “旅の栞” を作る 名人なんですmemo

P1020890 P1020892_3 P1020891 P1020893

ねっ、凄いでしょsign02

充分に ツアーコンダクターが出来ますairplane

私には 出来ましぇんsweat01

  

そして、ダーリン&次男坊と共に 御夕飯を御馳走になりました。

Photo_3

Rが 韓国で買って来た、韓国だけにしか売っていない 面白い機能が付いた“鉄板”で、豚焼肉パーティーをしてくれたのですbeer

P1020905 P1020901 P1020902 P1020906

ほら、鉄板の真ん中の穴から 豚肉の要らない脂が流れ出るんで、躰に目茶苦茶ヘルシーwink

この脂は、躰には タブーですねdanger

P1020914

こぅやって、どんどん 溜まってゆきますwobbly

P1020915 P1020916

この器に 2杯も流れ出ましたcoldsweats02

この鉄板じゃなかったら、豚肉の脂を摂取しまくりですsweat02

流石、美容オタクの Rやわぁhappy01

…せやしぃ… せやから 韓国の女性は綺麗なのねぇlovely

そして、Rが趣味で焼いた器&Rの手料理を 公開smile

この韓国風巻き寿司、美味しかったわぁfull    downwardleft

P1020898 P1020903 P1020904 P1020911 P1020912 P1020913

この日は、御陰様で 韓国料理に舌鼓を打てましたdelicious

ほんま、Rは 器用な子ですconfident

本人曰く 『器用貧乏』 なんだそぅで、買い物に行っても、先ず これは自分で作れるんじゃないだろぅか…と考えてしまうんだそぅです。

器用だから、殆どのモノが 作れちゃうんでしょうねwrench

素晴らしい事ですgood

私は、こんな親友が居る事を 誇りに思っています。

お互い 学生時代から何も変わらず、無理しないで 云いたい事を云い合って、お互いの考えている事が 直感で解り合える親友が居てくれて、私は 倖せですclover

   

この日は明るい内から御邪魔して、御暇した夜が更ける時間迄、二人して 喋りに喋り捲りました。

Rの一言で 大笑いしたのは、「あんた、よぅ食べんのに 痩せてるんは、そんだけ よぅけ喋るからやでぇsign03」 に、そっくりそのまま 返してあげたくなりましたhappy02

   

heart04 素敵な御持て成しを、有難うheart

感謝感激雨霰…やでぇcrying

| | コメント (4) | トラックバック (2)